tel

小児歯科Pediatric Dentistry

小児歯科とは

小児歯科

大人はもちろん、特にお子様は歯科治療に対してトラウマになったり、歯医者嫌いにならないようにスタッフ一同最大限の配慮を行なっております。

当院の小児歯科3つの特徴

1. ひとりひとりのお子様に合わせた歯科治療を行ないます。

お子様の治療

当院では、お子様が当院に慣れてから治療を始めます。
フッ素塗布やシーラントなどの虫歯予防の他、緊急の場合を除き、お子様の事を第一に考えた治療をいたします。

2. 初診時には歯を削りません。

当院では、緊急時を除き、初診時には歯を削りません。
まず第一に歯ブラシの持ち方や生活習慣の見直しを行い、お子様と十分にコミュニケーションをとった上で、削るなどの治療を行います。

3. 歯みがき、生活習慣の改善

当院では、お子様がご自身でブラッシングを出来るようになっていただく事で、生涯にわたってご自分の歯のメンテナンスができるよう、丁寧に歯ブラシ指導を行っております。
また、虫歯の原因になる様な生活習慣がないか、カウンセリングも行っています。

お子様のむし歯予防

お子様のむし歯予防

当院ではむし歯予防の為にフッ素塗布やシーラントなどに力を入れております。

フッ素の効果

当院では、むし歯を予防するうえでの、フッ素が有効かと考えています。

フッ素塗布

フッ素が歯の表層にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。

  • 虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  • フッ素の作用はこのように、歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素は、その酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。

以上のフッ素の働きにより、歯はむし歯になることから守られます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を、薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐ、むし歯予防法です。
奥歯の溝は、複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日、歯磨きをしていても、むし歯になってしまうことがありますが、フッ素の力とシーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

医院概要Summary

クリニック名
小じま歯科医院
診療科目
一般歯科・口腔外科・小児歯科・インプラント・審美歯科
住所
〒124-0023
東京都葛飾区東新小岩5-21-10
アクセス
≪JR総武線≫
新小岩駅 徒歩8分
≪京成タウンバス≫
東新小岩五丁目 下車徒歩1分
上平井中学校 下車徒歩1分
TEL
03-3696-1761
休診日
木曜・日曜・祝日
クレジット
VISA, JCB, AMERICAN EXPRESS, Mastercard, Diners Club
※クレジットカードは自費診療の際のみご利用いただけます。
休診日:木曜、日曜、祝日
9:00〜12:30
14:30〜18:30

Page Top